公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

オイル

オイル
松たか子・藤原竜也・小林聡美をはじめ、キャスト全員がNODA・MAP初出演!
最強+フレッシュなキャストを得て、NODA・MAP 久々の本公演がいよいよ始動!『古事記』をモチーフに繰り広げられる待望の新作に秘められたメッセージとは!?
NODA・MAP第9回公演「オイル」作・演出 野田秀樹
NODA・MAPスペシャルステージ「2001人芝居にせんひとりしばい」(2001年2月公演)上演以後、新国立劇場での「贋作・桜の森の満開の下」上演、歌舞伎「研辰の討たれ」の脚本・演出、「売り言葉」作・演出(大竹しのぶ一人芝居)、そして、「RED DEMON」を携えての英国演劇界への本格的デビューやオペラ「マクベス」演出のニュース等々、この2年間の野田秀樹は、その創作基盤であったNODA・MAPを離れ、個人としての演劇活動を中心に歩んでいくかのような印象が強かったかもしれません。
伝統や制約、そして国境や言葉の壁さえも軽々と踏破し、前進を続ける野田の姿に大きな声援を送りながらも、「野田ワールドの醍醐味をNODA・MAPの大きな劇空間で味わいたい・・・」とある種の寂しさを感じていたファンの皆さんも多かったのではないでしょうか。
その待望の「NODA・MAP第9回公演」が、いよいよ動き始めました!常々、野田自身が『NODA・MAPは自分が一番自由にやりたいことができる場所』と語っている通り、彼が今いちばん書き残したいテーマ、伝えたい思い、そして、やってみたかった演劇的アイデアに満ちあふれた<NODA・MAP新作>の登場です!
この作品のためのワークショップは、「国ゆずりの話とされる『古事記』は実は国盗りの話」という野田の自由な発想から始まりました。神話で語られる舞台『出雲』のどこに「国を盗る」理由が埋まっていたのか、、、その必然性をワークショップの積み重ねの中で探っていくうちに、『砂漠から噴き出す石油』というイメージが大きく広がっていき、『オイル』というタイトルが誕生しました。
しかし、この物語は、神話の『出雲の国』ではなく、1945年夏の終戦前後の島根県を舞台に語られます。
人類初の原爆が投下され、日本は降伏。混乱の島根の地に「アメリカ占領軍」進駐し、征服する者たちと征服される者たちが生まれます。その島根の人々の思惑に、『出雲』古代人たちの影が複雑に交錯。時空を超えて、幾重にもイメージを重ね、ひとつの大きなうねりが生み出されます。
この世界を体現する出演者たちは、全員がNODA・MAPに初登場、というフレッシュな顔ぶれ。しかも、全員がワークショップからこの作品創りに参加してきたという最強のメンバーたちです。
最強かつフレッシュなキャストの力を得て、『国』という大地に噴き上がるオイルのイメージに、野田秀樹がどんな壮大なメッセージを託しているのか・・・。『“パンドラの鐘”の続編みたいな話・・・』という野田の言葉をヒントに、久々の大空間のダイナミズムの中で、その答えを見つけてください。