公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

カノン

カノン
新世紀の訪れと共に、野田秀樹の新作が早くも登場!
多彩なキャスト陣が魅力の2000年第1弾も見逃せない。
 野田地図第8回公演「カノン」
 ミレニアムの最後を、自身の戯曲「パンドラの鐘」での蜷川幸雄氏との<演出対決>で、話題をさらった野田秀樹。
この二人の演劇人の手により生み出された二つの劇空間は、「演出」の威力とその面白さを再認識させ、同時に今後の野田戯曲への新たな期待感を刺激した、と言うことができます。
 その「パンドラの鐘」の幕を下ろしたばかりの野田秀樹が、早くも新作「カノン」を発表します。
残念ながら、現時点では、その内容は明らかにはできませんが、野田本人から唯一出されているヒントは、久々の「時代劇」になる、ということ。他の手がかりは、毎回驚かされる、その豪華で多彩な出演者の顔ぶれです。
 
 まずは、96年「TABOO」以来のNODA・MAP出演となる唐沢寿明。99年も三谷幸喜作品「温水夫妻」、ミュージカル「Big」等のタイプの異なる舞台で、その実力を発揮。東宝製作の野田演出作を含め、本作で4度目の野田との顔合わせとなります。
 
 そして、三谷作品「厳流島」(96年)で、映像以上にキュートで溌溂とした魅力を印象づけた鈴木京香。野田のワークショップにも参加経験のある彼女が、どのような弾け方を見せてくれるかが楽しみです。
 
 前シアターコクーン芸術監督で、野田と個人的にも親交が深い演出家・俳優の串田和美が、初めて野田作品に登場するのも演劇ファンには興味津々。役者同士としても、野田とは初共演となります。
 TVドラマやCMで活躍中の岡田義徳が、初舞台の「いつわりとクロワッサン」(99年)に続く二度目の舞台出演。NHK朝の連続ドラマ「天うらら」(98年)のヒロイン・須藤理彩は、本作が初舞台。このフレッシュな二人が、その若さを武器に野田ワールドに挑みます。
 
 また、的確な演技力と個性が魅力の広岡由里子、「キル」(97年)以来2度目の野田作品となる手塚とおる、吉本興行所属のお笑いコンビ・雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、青年座の成長株・小林正寛、「パンドラの鐘」に続いての登板・春海四方、オンシアター自由劇場解散後、活躍の場を拡げる大森博、等々、今回も多彩・豪華・新鮮な出演者が勢揃いしました。
 この顔ぶれで、どのような<野田風時代劇>が完成するのか。あれこれ想像しながら、新しい年の訪れと2000年第1弾の開幕をお待ちいただきたいと思います。
 野田秀樹の新作「カノン」に、是非ご期待ください。