公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」

橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
 「死骸をひきとりにいくのさ」「だれの」「おめえのよ」「なんぼなんでも、これがあたしの死骸ですなんて、じぶんでいくのはどうもきまりがわるくって」
(落語「そこつ長屋」より)  
  
 亀井がのどをひゅうひゅういわせながらおれの前を走っていた。「いやだ」「どうしてこうなる」時には行く手の曲がりかどの、眼に見えぬ路地の暗闇の底から、どんどんどんどんという鈍い足音と、それに伴う地ひびきが近づいてくることを知り、おれと亀井はしっかり抱きあった。
(筒井康隆「走る取的」より)   
  
 「いえね、伊勢屋の旦那なんですがね、また死んじまったんですよ」「なんだい、また、ってえのは」「へえ、三度目なんで」
(落語「短命」より)   
  
 大納言は息が切れ、はりさけそうな苦痛のうちに、天女のししあいを思っていた。しびれるようなあやしさが、再び彼のすべてをさらった。官能は燃え、からだは狂気の焔であった。
(坂口安吾「紫大納言」より)   
  
 以上のように、この作品は、行き倒れになった自分の死体を引き取りに行く男の不条理、偶然出くわした相撲取りに、執拗につきまとわれる男たちの恐怖、三度続けて亭主を早死にさせた美貌の未亡人の謎、この世ならぬ美しさの天女との遭遇を契機に、生まれてはじめて意のままにならぬ愛の行方に身を焦がす男の破滅、等々、死、妄想、ナンセンス、逸脱した熱狂などをモチーフに、戯曲以外の様々なテキストによって編まれた、アンソロジー劇として構成されています。