公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

RED DEMON

RED DEMON
1992年秋、野田秀樹が『劇団夢の遊眠社』解散直後に英国留学に旅立ってから、ちょうど10年の年月が経ちました。この間、NODA・MAPをベースにした精力的な演劇活動と平行して、定期的にロンドンに長期滞在し、英国演劇界との交流を深めながら、独自の道を模索してきました。
そして、この度、その10年間の海外での活動の成果とも言うべき、初めてのNODA・MAP英国公演<RED DEMON>が決定しました!
『赤鬼』英語戯曲を携えての野田秀樹・ロンドンデビュー公演です!
1996年秋にNODA・MAP番外公演として初演された『赤鬼』は、人間の共同体のボーダーで必ずおきる普遍的なテーマを、小スペースの臨場感あふれる劇空間の中で浮き彫りにし、
「作品も役者も、そして観客さえも成長していくよう舞台」(朝日新聞)
「言葉の遊びの中に詩情が漂う」(毎日新聞)
 と高い評価を獲得しました。
その後、98年にはタイ語に翻訳され、タイ人キャストによる公演(世田谷パブリックシアター制作・99年にも再演)も成功を収め、この作品がもつテーマの普遍性をよりクリアな形で意識する結果となりました。
そして、99年夏より、ロンドンで英国人俳優たちと定期的に<AKAONI>ワークショップを積み重ね、日本独自の文化的な要素とヨーロッパ文化圏のメンタリティを融合させた、英語版オリジナルとも言える<RED DEMON>英語脚本が完成したのです。
俳優たちが自由自在に、かつダイナミックに、即興性の面白さを十分に見せるよう加味したスタイル。ヤング・ヴィック劇場の舞台を客席が四方から取り囲み、臨場感溢れる空間で観客の想像力を刺激する、野田秀樹作品の独自性とクオリティの高さが、英国の演劇ファンの目の前に、至近距離で出現します。
野田秀樹は、また新たな扉を開き、前進しています。
今後の海外での活動にも是非ご注目ください。