公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

パンドラの鐘

パンドラの鐘
99年の演劇シーンの最後を飾る野田秀樹の新作登場!
 野田地図第7回公演「パンドラの鐘」
世紀末の演劇界に、意欲作を次々と放ってきた野田秀樹。その待望の新作「パンドラの鐘」が、この秋、世田谷パブリックシアターに登場します。
NODA・MAPとしては、番外公演を含め10作目となるこの作品は、「Right Eye」(98年12月?99年1月上演)に続く書き下ろしで、21世紀の野田演劇の方向性を探る意味でも、発表が待たれていた作品です。
                  ◆ものがたり◆
物語の舞台は、大平洋戦争開戦前夜の長崎。歴史の謎に惹かれ、考古学者たちが掘り出したのは、土深く埋もれた巨大な古代の鐘。
 
その鐘の姿から、歴史から遠く忘れ去られた古代王国と、
鐘と一緒に葬られた古代の秘密が浮かび上がる。決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された王国滅亡の謎とは?そして、古代の光の中に浮かび上がった<未来>の行方とは・・・?
注目のキャスティングは、最近、映画、ドラマ等、舞台以外での活躍も際立つ堤真一、宝塚退団後、独自のスタンスで着実に新境地を切開いてきた天海祐希。このスケールの大きな二人の顔合わせもエキサイティングですが、加えて、「赤鬼」での清新な演技が今も鮮やかな印象を残す富田靖子、「キル」以来の再登場となる巧者・劇団☆新感線の古田新太、大人計画の鬼才・松尾スズキが役者として初めてのだ作品に出演!さらに、舞台のみならず、TVドラマでも味のある存在感が光る銀粉蝶、入江雅人、八嶋智人など、99年の締く括りに相応しい、NODA・MAPならではの魅力的な顔ぶれが揃いました。
 
また、この「パンドラの鐘」には、今年の演劇界最大の話題がもうひとつ。この作品を、NODA・MAPの公演とほぼ同時期のシアターコクーンで、蜷川幸雄氏が全く違うキャスティングで演出・上演するという刺激的な企画が進行しています。
東京の代表的なふたつの劇場を舞台に展開する、演劇界のふたりの<N>氏による演出の競作は、世紀末から21世紀への大きなエネルギーとなることは間違いありません。
古代から昭和初期へと時空を超えて、人々の思いを刻み込む<パンドラの鐘>の謎。この物語は、まず世田谷パブリックシアターNODA・MAP公演で開幕します。
今年を締め括るこの話題作に、どうぞご期待ください!
                 【合同制作発表】
7月9日(金)「パンドラの鐘」合同制作発表が開催。野田秀樹演出、出演のNODA・MAP版、そして、蜷川幸雄氏演出のシアター コクーン版、両公演の出演者が勢ぞろいしました。
今年最大の話題作にふさわしく、200名以上の報道陣、関係者が集まる中、演出家、出演者の抱負が語られました。