公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

半神

半神
野田秀樹の代表作「半神」が、'99年春、新たに蘇る!
番外公演「Right Eye」で、<ノンフィクション演劇>と銘打ち、話題を呼んだNODA・MAPの次回公演が、早くも決定いたしました。
自身の右目失明という実体験をベースに、新たな劇世界を創り上げた「Right Eye」に続く上演作は、86年、少女漫画界の大御所・萩尾望都の短編漫画「半神」をもとに、萩尾氏と共同で戯曲化・舞台化し、高い評価と人気を得た劇団時代の代表作です。
初演以来、88年、90年と再演を重ね、90年夏には、エディンバラ国際演劇祭にも参加。国際的に通じる野田ワールドの普遍性を示した作品となりました。
物語は、腰のところでつながっているシャム双生児を中心に展開します。

◆ものがたり◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
醜いが高い知能をもつ姉シュラと、美しいが頭が弱い妹マリア。ふたりは、半身を共有しながら、時に反発し、時に依存しあいながら存在してきた。
しかし、負担の大きさから双方ともに衰弱し、十歳を目前にして死の危険に直面する。救う方法はひとつ。分離手術によって、どちらか片方を生き延びさせる方法だけだった。手術の成功で生き残ったのは、シュラなのか、マリアなのか・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 演劇と少女漫画というそれぞれのフィールドで、独自の境地を切り拓いてきた第一人者同士の共同作業は、時空間を自在に操り、深遠なテーマを大きなスケールで描き出す作風とともに、初演当時、大きな話題を集めました。
 劇団解散から早くも7年。ワークショップをベースとした執筆と創作活動を続け、作品ごとに<アンサンブル>の充実度を高めてきた野田が、初演より12年の時を経て、劇団時代のこの名作にどのような生命を吹き込み、蘇らせるのか。そのキャスティングも注目必至です。
 シュラとマリアのシャム双生児姉妹には、97年度公演「キル」で、舞台女優としての確かな実力を示し、鮮烈な印象を残した深津絵里、そして、98年度公演「ローリング・ストーン」で初舞台、本作品でこの大役に抜擢された加藤貴子の二人が挑みます。
 この二人を囲む顔ぶれには、6作目の野田作品登場となる鷲尾真知子、「虎?野田秀樹の国性爺合戦」以来2度目の野田作品となる「劇団☆新感線」右近健一、98年度公演「ローリング・ストーン」にも出演した水谷誠伺らに、蜷川演出作品の舞台や映画・テレビでも活躍中の勝村政信、CMでもお馴染みとなった山崎一、パワフルな個性派女優・山下裕子、Bunkamura10周年記念公演「夏の夜の夢」への出演などで注目される佐々木蔵之介、「双数姉妹」からは明星真由美、佐藤拓之のふたりなどの6名の野田作品初出演組が加わり、ベテランや若手を含めた最強のメンバーが勢揃いしました。
 この公演は、遊眠社解散後、初めて劇団時代の作品を上演する興味も含め、99年上半期の話題作となることは、間違いありません。