公演情報

17 NODA・MAP第21回公演
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~
2017/01/18 ~ 2017/03/12
16 NODA・MAP第20回公演
逆鱗
2016/01/29 ~ 2016/04/04
15 NODA・MAP第19回公演
エッグ
2015/02/03 ~ 2015/04/19
13 NODA・MAP第18回公演
MIWA
2013/10/04 ~ 2013/12/08
12 NODA・MAP第17回公演
エッグ 
2012/09/05 ~ 2012/10/28
12 NODA・MAP番外公演
THE BEE Japanese Version
2012/04/25 ~ 2012/06/24
12
THE BEE English Version
2012/01/05 ~ 2012/03/11
11 NODA・MAP 第16回公演
南へ
2011/02/10 ~ 2011/03/31
10 番外公演
表に出ろいっ!
2010/09/05 ~ 2010/09/28
10 NODA・MAP 第15回公演
ザ・キャラクター
2010/06/20 ~ 2010/08/08
09
ザ・ダイバー
2009/08/20 ~ 2009/09/20
09 NODA・MAP第14回公演
パイパー
2009/01/04 ~ 2009/02/28
08
THE DIVER
2008/09/26 ~ 2008/10/13
07 NODA・MAP第13回公演
キル
2007/12/07 ~ 2008/01/31
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE ロンドンバージョン
2007/07/12 ~ 2007/07/29
NODA・MAP番外公演
2007 THE BEE 日本バージョン
2007/06/22 ~ 2007/07/09
06 NODA・MAP第12回公演
ロープ
2006/12/05 ~ 2007/01/31
NODA・MAP 番外公演
2006 英国公演 THE BEE
2006/06/21 ~ 2006/07/15
05 NODA・MAP第11回公演
贋作 罪と罰
2005/12/06 ~ 2006/02/18
04 NODA・MAP第10回公演
走れメルス
2004/12/03 ~ 2005/01/30
03 NODA・MAP第9回公演
オイル
2003/04/11 ~ 2003/06/15
03 NODA・MAP 英国公演
RED DEMON
2003/01/31 ~ 2003/02/22
01 NODA・MAP スペシャルステージ
2001人芝居
2001/02/03 ~ 2001/02/28
00 NODA・MAP番外公演 第4弾
農業少女
2000/10/20 ~ 2000/11/08
00 NODA・MAP第八回公演
カノン
2000/04/01 ~ 2000/05/28
99 NODA・MAP第七回公演
パンドラの鐘
1999/11/06 ~ 1999/12/26
99 NODA・MAP第六回公演
半神
1999/04/02 ~ 1999/05/16
98 NODA・MAP番外公演
Right Eye
1998/12/03 ~ 1999/01/24
98 NODA・MAP第五回公演
ローリング・ストーン
1998/04/04 ~ 1998/05/13
97 NODA・MAP第四回公演
キ ル
1997/07/03 ~ 1997/08/31
96 NODA・MAP番外公演
赤鬼
1996/10/12 ~ 1996/11/10
96 NODA・MAP第三回公演
TABOO
1996/04/04 ~ 1996/05/26
95 NODA・MAP番外公演
橋爪功VS野田秀樹 二人芝居「し」
1995/12/01 ~ 1995/12/26
95 NODA・MAP第二回公演
贋作 罪と罰
1995/04/01 ~ 1995/06/11
94 NODA・MAP第一回公演
キ ル
1994/01/07 ~ 1994/03/13

TABOO

TABOO
 室町時代、京都。
 後小松天皇と南朝の女<梢>の息子、幼名パカ、後の<一休>は、その出生を将軍に知られることを恐れた両親の手によって、6才にして山中に放てきされたが、旅芸人の一座に拾われ役者として育てられる。
 16才、一休は、ピアニストを目指す座長の娘、<萌>への想いを残したまま、自作劇「浅茅が宿」の上演を実現するべく都へ出る。
 寺を勧進元にした一休の芝居は人気になるが、舞台の出来に失望した一休は寺を出て大道芸人<ダルマ>を知り、彼に師事し「ロシアン・ルーレットの 芸」の修得に励む。
 同じ頃<世阿弥陀>は将軍の庇護のもと、芸事の頂点を究めようとしていたが、ダルマの「せぬ芸」を独占しようと将軍にはたらきかけて、禁令を発布させる。
 逆らったダルマは処刑される。
 師をなくして失意の一休の前に、南朝の再興をもくろむ<熊楠>が現れ、「天皇の子」であると宣言し、蜂起することをけしかける。
 後小松天皇と将軍義満の御前で「世阿弥陀の舞い」と「一休のロシアン・ ルーレット」
の共演が幕をあげた。
 熊楠の企みを危惧した後小松天皇と梢は、我が子一休を殺そうと決意する。
 
 引き金をひく一休。
 競演に勝利したはずの世阿弥陀にも意外な結果が待っていた。帝のお抱えピアニストになった萌が将軍の新たな寵愛を得たために、見放され、佐渡へ流される。
 頭を貫いた弾丸が、一休の記憶を奪った。
 彷徨する一休。
 再び現れた熊楠は「風に狂い芸に遊ぶ歌人」として一休を再生し、都のスターへと駆けのぼらせる。
 南朝の蜂起が迫る。
 折しも将軍は没し、新将軍が即位した。
 戦乱の予感たちこめ、不穏な空気が都を覆うまさにその時、一休の眼前に差し出されたのは萌えが盗みだした「三種の神器」だった。
 甦る記憶。
 自分は「天皇の子」だったのだ。
 決意を胸に最後の舞台へ向かう一休。
「天皇の子」が舞ういかなる「舞」がそこに待っているのか。